トップ > 神社紹介 > 御神木と社 > 北信・大原社

大原社

大原社の閑貞桜
対象 大原社の閑貞(かんてい)桜
記入者 上水内支部大原社宮司神原博文
鎮座地 上水内郡信濃町大字平岡994番地1
神社名 大原社TEL.026-254-2006
年代 推定樹齢約1500年
指定 昭和42年5月22日県指定
樹種
交通 原地区公会堂より西へ徒歩約10分
古老の伝説に由井正雪の孫で身の丈6尺余の大男閑貞坊という僧がおり享保の初め討幕の目きびしき折柄江戸をのがれて信州に入った。その後この地で仏門に入り宝暦8年6月まで28年間この地に在住した。亡歳は不明である。この閑貞坊を偲んで250年程前頃、現在県の天然記念物「閑貞桜」が植えられた。往昔より平岡、原地区の産土神として崇敬篤く、年々の祭祀も全戸協力執行して今日に至る。
→御神木トップへ戻る

Copyright(C)2006NAGANO-JinjachoAllrightsreserved