トップ > 神社紹介 > 御神木と社 > 北信・樋知大神社

樋知大神社

樋知大神社ブナ林
対象 樋知大神社ブナ林1ha423本杉106本
記入者 樋知大神社禰宜市川英正
鎮座地 更級郡大岡村丙5405-2
神社名 樋知大神社TEL.026-266-2427
年代 約500年
指定 ブナ林大岡村指定文化財平成10年2月25日
樹種 ブナ杉
交通 村営バス篠ノ井駅1時間10分聖高原駅40分
樋知大神社(水波女の命、宇賀之御魂命)は聖山1,447mの中腹に鎮座し全山が山林で山麓からは48ヶ所からなる湧き水で飲料水や田の用水として使われる。聖が曇れば雨となると言われている。農耕の神として崇められてきました。
神社の裏にある御種池の水は、いまだ涸れたことなく日照りの年には今も雨乞いが行われている。春季例祭は5月3日に行われる。また、ブナ林は日本海型の傾向の強いブナ林で本州内陸部に特徴的なウラジロモミが多く生えている変わったブナ林です。
1ブナ…樹高23m…周囲5.02m
2杉……樹高30m…周囲4.39m
→御神木トップへ戻る

Copyright(C)2006NAGANO-JinjachoAllrightsreserved