トップ > 神社紹介 > 御神木と社 > 北信・葵神社

葵神社 

葵神社のキタコブシ
対象 葵神社(あおいじんじゃ)のキタコブシ1本
記入者 飯水支部葵神社宮司東幸子TEL.0269-62-2571
鎮座地 飯山市大字飯山字田町2753番地
神社名 葵神社
年代 推定樹齢250年
指定 無し
樹種 キタコブシ(コブシの変種:モクレン科モクレン属)
交通 飯山線北飯山駅下車徒歩で10分(飯山城址本丸跡)
飯山城址本丸跡に葵神社が鎮座する。この神社は明治16年、最後の城主本多家の中興の祖本多広孝を祀ったものであるが、寛政9年に勧請し明治4年の廃藩置県まで74年間存在した「飯山城本丸四社(祭神は、加茂二柱神・春日四神・八幡神)」の跡地を継いだものと考えたい。この本丸跡に、江戸期の飯山城を毎日見てきた樹木が2本現存する。その1本がキタコブシである。キタコブシは北海道・本州中部以北の日本海側に分布するもので、花びらの外側の基が薄紅紫色であり、コブシの薄緑色と異なる。また、コブシの葉は長さ15cm以内に対して16cm以上と大きい。○目通周囲………3.52m○推定樹高………20m
→御神木トップへ戻る

Copyright(C)2006NAGANO-JinjachoAllrightsreserved