トップ > 神社紹介 > 御神木と社 > 南信・十五社

十五社

十五社のケンポナシ
対象 新倉十五社のケンポナシ
記入地 諏訪支部十五社宮司宮坂清TEL.0266-52-2883
鎮座地 岡谷市川岸中2-24-21
神社名 十五社
年代 樹齢約300年
指定 平成5年2月25日岡谷市天然記念物
樹種 クロウメモドキ科ケンポナシ
交通 岡谷インターより車10分
新倉区の産土、十五社は岡谷市川岸与三垣外に鎮座している。祭神は建御名方神、八坂刀売神、御子神十三柱。古くは9月の秋祭、11月の冬祭を行っていたが、今は11月3日の例祭のみとなった。古くからの御頭屋制度が今日に引き継がれ、神社境内の管理、祭りの準備に従事している。以前は神迎え湯立、神送りの神事があった。
ケンポナシは落葉性の高木、秋には枝先に直径7oの果実がつく。酒造家はこの木を植えると良い酒ができないといわれている。
十五社、諏訪大社は春宮、駒沢諏訪社にケンポナシがある程度で諏訪地方には珍しい。十五社境内に5本ある。
本殿前3本………樹高約20m……目通り周囲約3m
本殿横2本………樹高約20m……目通り周囲約3m
→御神木トップへ戻る

Copyright(C)2006NAGANO-JinjachoAllrightsreserved