トップ > 神社紹介 > 御神木と社 > 南信・手長神社

手長神社

手長の森
対象 手長の森(市天然記念物平成元年11月22日指定)/延命の杉
記入地 宮坂清
鎮座地 諏訪市上諏訪茶臼山9556番地
神社名 手長神社 TEL.0266-52-1007
年代 明治以降に植林/約500年
指定 平成元年11月22日/なし
樹種 ケヤキ、サワラ、コブシ、スギ、ニセアカシア、モミヂ、サクラ、アオキ、サンショなど/杉
交通 上諏訪駅から徒歩5分
手長の森は元々は茶臼山の水源が養う、まばらなケヤキ等の林であったが、明治以降鎮守の杜として保護され、今日ではニホンカモシカなどの現れる市中心部のビオトープ(生息地)として市民に親しまれる。
延命杉は社頭の右面にあり、木の根元で深く息をすれば寿命がのびると俗信され、早朝4時ごろから日課として詣でる氏子は多い。
→御神木トップへ戻る

Copyright(C)2006NAGANO-JinjachoAllrightsreserved