トップ > 神社紹介 > 御神木と社 > 南信・諏訪大社

諏訪大社

諏訪大社下社春宮社叢
対象 諏訪大社下社春宮社叢
記入地
鎮座地 諏訪郡下諏訪町193
神社名 諏訪大社TEL.0266-27-8316
年代
指定 昭和48年6月26日町天然記念物
樹種
交通
諏訪大社下社春宮の社叢全体が、昭和48年6月26日に町の天然記念物に指定されている。樹種は杉が約370本で、全体の約70%を占める。他に欅86本16%、樅、桂、櫟、椚、檜、桜等が有る。境内東側の「宮坂」と呼ばれる142号線に通じる坂道に沿って、幹囲1.5〜2m・樹高25mほどの杉が約50本並ぶ。神楽殿東側に「結びの杉」と呼ばれる御神木が有り、幹囲4m・樹高39mで、先が二股に分かれているが根元で一つになっている事から、このように呼ばれている。
又、ひときわ目を引くのは、鳥居を入りすぐ左に有る幹囲5m・樹高40mの欅である。
→御神木トップへ戻る

Copyright(C)2006NAGANO-JinjachoAllrightsreserved