トップ > 神社紹介 > 御神木と社 > 南信・諏訪神社

諏訪神社

対象 諏訪神社社叢
記入地 木曽支部諏訪神社宮司巣山数彦〒399-6302楢川村平沢1755TEL.0264-34-2202
鎮座地 木曽郡楢川村大字平沢字宮原2207番
神社名 諏訪神社TEL.0264-34-2202
年代 200〜500(推定)それ以上のものもあろうか。
指定 有昭和61年3月15日村指定天然記念物・村緑地保存地域
樹種 欅・桧・クリ・オニイタヤ・オオモミジ・赤松・杉その他
交通 JR中央西線木曽平沢駅下車徒歩10分自動車R19平沢信号入る2分(楢川村役場上)
当神社は信濃川水系奈良井川に沿った台地上に在って海抜910m山手をJRと国道19、川手を県道が通っている環境に在る。林内には杉・桧・赤松・樅・唐松などの針葉樹もあるが大部分はクリ・ケヤキ・オニイタヤ・オオモミジその他の広葉樹で林下にはスズ(笹)とヤマブキが多い。最近は自然環境の変化に依って年々植生が変わってきていることも事実。林内の杉の全部、桧も大部分は植えられたものであろうが、全体からみてその率は低く大部分は古来からの自然林である。
開発されたこの地に、このような自然林が残っていることに注目したいと或植物学者はいっている。以前何本かの樅の木に「マツラン」が着いて植物学牧野博士に見事な着生ぶりを称賛された程である。この古木は枯れてしまったが、然し今も大木が何本かある中にナランも樹上に残っていると思う。いつまでも大切にして、後世に残したい社叢である。
→御神木トップへ戻る

Copyright(C)2006NAGANO-JinjachoAllrightsreserved