トップ > 神社紹介 > 御神木と社 > 南信・月瀬神社

月瀬神社

月瀬神社の杉
対象 月瀬神社の杉
記入地 飯伊支部熊谷睦男TEL.0265-43-2487
鎮座地 長野県下伊那郡根羽村月瀬日影平
神社名 月瀬神社
年代 推定樹齢1,800年
指定 昭和19年11月13日国の天然記念物に指定
樹種
交通 飯田インターより車で40分153号線を名古屋方面
文部省調査1,800年余、日本第6位、長野県第1位の巨木である。虫歯の平癒、また大事変の起る前兆として大枝が折れると語り継がれている。
弘化元年(1844年)の江戸城本丸焼失後の復興用材としての危機も氏子の団結により守られる。明治41年(1908年)村内神社統合(現八柱神社)の際、売却の決定も、住民の強い意志により難をのがれる。
目通り(1.5m)の高さで幹廻り14m樹高50m
→御神木トップへ戻る

Copyright(C)2006NAGANO-JinjachoAllrightsreserved