トップ > 神社紹介 > 御神木と社 > 南信・矢彦神社

矢彦神社

矢彦神社の社叢
対象 小野神社矢彦神社社叢
記入地 上伊那支部矢彦神社宮司立澤節朗
鎮座地 上伊那郡辰野町大字小野3267
神社名 矢彦神社TEL.0266-46-2064
年代 樹齢300年前後の巨木が群生している
指定 昭和35年2月11日長野県天然記念物指定
樹種 古代の常緑樹、落葉樹の混交林の林相を残している。
交通 中央線小野駅下車、国道153号線北へ約1km、徒歩15分
矢彦神社は辰野町に、小野神社は塩尻市に属するが、共に「信濃国二の宮」として由緒ある神社で名高い。この神社の境内を覆う社叢は針葉樹と落葉広葉樹が大部分を占めており、これらの老木が鬱蒼と茂った典型的な混交林であって、潅木類や草木類も多く、樹木と合わせ250種類にも及んでいる。わが国中部地方の植生は古い時代にはこうした混交林で覆われていたであろうが、今は一変した様相を呈している。
従ってこの社叢は当地方の天然林の遺物と言うべきものである。古い時代の平地林の様子をそのまま見ることができる。しかも、その面積が36,326uにも及んでいることは貴重である。
→御神木トップへ戻る

Copyright(C)2006NAGANO-JinjachoAllrightsreserved