トップ > 神社紹介 > 御神木と社 > 東信・新海三社神社

新海三社神社

新海三社神社の欅、杉
対象 欅、杉
記入者 井出行則
鎮座地 南佐久郡臼田町大字田口2394
神社名 新海三社神社TEL.0267-82-9651
年代 300〜1000年
指定 元有欅千年は落雷にて解除
樹種 欅15本、杉(境内50本)
交通 小海線臼田駅東方(車で5分)
大和朝廷頃の古墳3基、本殿奥に発掘された。神、仏混済の三重の塔(平安時代−嘉祥)、東本社(室町時代)共に国の重要文化財に指定されている。
西本社は鎌倉の源頼朝、中本社、西本社、共戦国時代武田信玄の建立といわれる(武田菱の紋入り扉)各時代の武将によって寄進、奉納され現在に至っている。
山林−28町歩、境内2町歩の佐久総社の古社である。
@欅、樹高20m、枝張り範囲20m、推定1000年以上(元天然記念物落雷で縮少)
A参道東西、欅、杉共樹高30m、300年〜800年推定太さ1.5m〜2.5m(見た所)
→御神木トップへ戻る

Copyright(C)2006NAGANO-JinjachoAllrightsreserved