トップ > 神社紹介 > 御神木と社 > 東信・伊波保神社末社天神宮

伊波保神社末社天神宮

伊波保神社末社天神宮の欅
対象 天神宮の欅2本
記入者 上小支部天神宮宮司内堀吉麿TEL.042-368-1719
鎮座地 上田市岩下117
神社名 伊波保神社末社天神宮TEL.042-368-1719
年代 推定樹齢約1,100年
指定 市指定記念物昭和52年3月12日
樹種 けやき
交通 千曲バス岩下下車徒歩10分
天神宮は伊波保神社の末社として、同社より東方200mの所に鎮座し、近郷から岩下の天神様として崇敬せられて来た社である。神社の脇東西に並ぶ2本のけやきは東側が樹高約12m。目通り周囲10.8m。西側の木が約13mと10.5mである。いずれも樹幹中心に落雷の跡が歴然としており、中央部は空洞化しているが、まわりの樹皮が発達し成育している。東側の1本は根本から独立した1つの幹があり、その目通り周囲は3.3m樹勢も旺盛である。この2本の大木は推定樹齢が千数百年として、市内でも最古の大木と考えられ、貴重な存在として市から指定を受けている。
→御神木トップへ戻る

Copyright(C)2006NAGANO-JinjachoAllrightsreserved