トップ > 神社紹介 > 御神木と社 > 東信・平賀神社

平賀神社

平賀神社の欅 平賀神社の欅
対象 平賀神社の欅(御神木を含め7本)・杉7本
記入者 南佐久支部平賀神社宮司小間澤肇TEL.0267-62-6568
鎮座地 佐久市大字平賀字駒在家4976
神社名 平賀神社
年代 推定樹齢約500〜800年(歴代宮司、総代の言い伝え)
指定 佐久市指定文化財に申請を検討中
樹種 欅・杉
交通 JR小海線中込駅下車、東(コスモス街道R254)へ向かって車で約6分
平賀神社は建久4年(1193)に鎌倉鶴ヶ岡八幡宮を勧請し平賀八幡宮として創設されたと伝えられている、平賀郷の総社として平賀神社の社号を許されたのは嘉永元年(1848)である。社叢の大部分は欅と杉の大木で覆われている長い石段を二つ昇りあがった正面に本殿があり、その背後は赤松の林で覆われて山頂へとつながる。秋季例祭(9月18日)と祇園祭には古式に則り、邪気・不浄を落とす「湯立て神事」が執り行われる。
最近発見された、明治33年(1900)に描かれた平賀神社の鳥瞰図(銅板画)を見ると、社叢の中で目に付く大木の姿はそのまま今日の原風景となっている。
@境内入口右側 (欅…御神木)・樹高約25m …目通り周囲約6.5m …推定樹齢約800年
A境内中段南西 (欅)……………〃…23m ………〃    5.5m ………〃   600年
B二ノ鳥居両側 (杉)……………〃…24m ………〃     3m ………〃   500年
→御神木トップへ戻る

Copyright(C)2006NAGANO-JinjachoAllrightsreserved