トップ > 神社紹介 > 御神木と社 > 東信・荒船山神社

荒船山神社

荒船山神社のとちの樹
対象 荒船山神社の「とちの樹」
記入者 南佐久支部荒船山神社宮司小間澤肇
鎮座地 佐久市大字内山字相立2576
神社名 荒船山神社TEL.0267-62-6568(宮司自宅)
年代 推定樹齢500年
指定 無し
樹種
交通 JR小海線中込駅下車、国道254号線を東へ車で約10分
荒船山神社は佐久市の東端、群馬県との分水嶺に位置する荒船山(1422m)の山頂に奥社を、内山・相立地区に遥拝殿をもち、内山の入口、大間地区に里宮をもつ。岩山の山頂より水が湧くことから、古くは雨乞神事も行われた。山は船をひっくり返したような形で、山頂付近は約2kmにわたる平地である。
里宮の境内は、杉・欅・檜の大木で、長い年月のうちにその姿をなくしたものも多いが、一隅にこの古樹の橡の木がひっそりと佇み、毎年実を携えている。
目通り周囲…………約4年
樹高…………………約23m
推定樹齢……………およそ500年
→御神木トップへ戻る

Copyright(C)2006NAGANO-JinjachoAllrightsreserved