トップ > 神社紹介 > 御神木と社 > 東信・白山神社

白山神社

白山神社のイチヰの樹
対象 白山神社の「イチヰの樹」
記入者 南佐久支部白山神社宮司小間澤肇TEL.0267-62-6568
鎮座地 佐久市大字常和字岩久保2439
神社名 白山神社
年代 推定樹齢1,000年
指定 昭和45年10年1日市文化財自然記念物
樹種 一位
交通 JR小海線中込駅下車、東へ(R254)車で約8分
この樹は神社の参道脇に位置し、昔から疣神様・虫歯神様と言われ、疣ができたら小石で疣をこすって洞中へ投げ入れれば疣が治り、虫歯が痛む時もこすって入れれば痛みがとれる…と言い伝えられ、地域の人々の崇敬をあつめている。この古樹は寛文13年(1673年)の頃にはすでに御神木として崇められていた。
樹相は目通り周囲…………6m
高さ約………………18m
枝張り範囲…………17〜18m
推定樹齢……………1,000年
(平成2年3月調)市、教育委員会
→御神木トップへ戻る

Copyright(C)2006NAGANO-JinjachoAllrightsreserved