トップ > 神社紹介 > 御神木と社 > 中信・大神社

大神社

大おおがしゃ神社杉の森
対象 大おおがしゃ神社杉の森
記入者 松塩筑支部大神社宮司唐沢功TEL.0263-58-9162
鎮座地 松本市大字内田1992番地
神社名 大神社
年代 推定樹齢約200〜300年(不明)
指定 平成1年5月松本市地域文化財
樹種 杉其ノ他松、カエデ、檜等
交通 松電バス片丘線内田南花見下車崖の湯に向い徒歩15分
当社の創立年代は宝暦10年の火災により不明ですが、故人の記録により京都三輪山ノ大神神社より分霊勸請し奉る。天文21年、武田信玄が小笠原長時と合戦の際戦勝祈願を掛けており、又、武田勝頼が鉄製の宝鏡経4寸の品2面を奉納し、武運長久の祈願を行っている。其の後諏訪領となり、当社へ神事免として年年寄附あるも、廃藩により中止となる。
明治40年神祇令により、横山村諏訪当社に併合、今日に至る。
杉………胴廻り約2.8m…高さ18m……200〜300年……130本
……………〃15m……〃15m……100年前後……100本
松……胴廻り3mの物…………………………………………………10本其の他カエデ、檜等松本市地域文化財連合協議会より地域文化財として指定を受ける。社叢は年間を通し宮総代、氏子の奉仕により常に清掃されている。
→御神木トップへ戻る

Copyright(C)2006NAGANO-JinjachoAllrightsreserved