トップ > 神社紹介 > 御神木と社 > 中信・諏訪神社

諏訪神社

(土谷)諏訪神社腰掛け杉
対象 (土谷)諏訪神社腰掛け杉
記入者 大北支部諏訪神社宮司杉本英彦TEL.0263-77-2154
鎮座地 小谷村中土大谷
神社名 諏訪神社
年代
指定 昭和59年小谷村天然記念物
樹種 クマスギ
交通 大糸線中土駅より車で10分
(場所本殿裏)目通り約5m、高さ37m、地面に近いところから枝が密生し、下方の枝は水平となりその先端が垂れ下がって円錐形となっている。地上約20mのところに直径約7m、上下9m程の輪状に枝葉が密生、里人は古くから神様の腰掛け杉と拝んできた。その畸形枝の発生は植物畸態学より見て「将来学術的に研究されるべき品種」と八木貞助氏の調査書にある。
(小谷村説明板による)
→御神木トップへ戻る

Copyright(C)2006NAGANO-JinjachoAllrightsreserved