トップ > 神社紹介 > 御神木と社 > 中信・穂高神社

穂高神社

穂高神社の孝養杉
対象 孝養杉
記入者 穂高神社TEL.0263-82-2003
鎮座地 南安曇郡穂高町穂高6079
神社名 穂高神社TEL.0263-82-2003
年代 500年は越えている
指定 無し
樹種
交通 JR大糸線穂高駅下車徒歩3分
穂高神社の境内神楽殿の横に、ひときわ目を引く杉の大木がある。名前は「孝養杉」という。樹齢は500年は越えている。が、しかし伝承など詳しい事は伝わっていない。また乾燥した地盤のために比較的大きくならず、頭の上の方は枯れ始めている。
名前の由来としては、穂高町在住の高木康江さんというご高齢の方が、大正10年辺りの10代の頃に、母親の病気平癒祈願のため、丑三つ時に白装束でお参りをされていた。
その事がいつしか氏子の人たちから噂になり、いつの頃からかは定かではないが、人々から孝養杉と呼ばれるようになった。穂高神社資料館の御船会館にある、昭和初期に書かれた御船祭の絵の中には、その年代でも大きな杉の絵が描かれている。
高さ…………………20m
目通りの周囲………4.5m
→御神木トップへ戻る

Copyright(C)2006NAGANO-JinjachoAllrightsreserved